レインボーシックス シージ… 選手や団体のサポートを目的とした「パイロットプログラム」

前回の記事の最後で少しだけご紹介しました、選手や団体のサポートを目的とした魅力的なプログラム「パイロットプログラム」本日はこちらについてお伝えさせて頂きたいと思います。

 

パイロットプログラムとは

プログラムに参加しているチームのスキンチャームが購入されることにより、売上の一部がチームや団体に収益が渡り、一部が大会賞金に上乗せされるというシステムです。こういったシステムを導入することにより、持続的かつハイレベルな競技シーンを築き上げることが目的です。

 

詳細な内容

パイロットプログラムの中には「プロリーグスキン」と「チームスキン」があります。

プロリーグスキンがゲーム内で購入されると収益の30%の内、21%がプログラムに参加している11チームに均等に配分され、残りの9%が2019年2月11日〜17日に開催されたシージの世界大会「Six Invitational」の大会賞金に加算されたというシステムです。

チームスキンは参加している10チームそれぞれ販売されており、それらが購入されたら収益の30%をチームが獲得できるというシステムです。

私が感じたこのプログラムの魅力はどちら側にもリターンがあることです。

応援したいチーム、プレイヤーにスーパーチャット等で支援をするというのもいいですが、自分がプレイをしているゲーム内で使えるスキンを購入でき、しかもその一部が実際にチームのサポートに繋がるとなるとファンとしては購買意欲を掻き立てられますね。

また、チーム側としても金銭面だけでなくチームのファンがいることを実感できますので、モチベーションを維持する大きなソースとなるでしょう。

このように両者が得をする素晴らしいプログラムだと思います。

 

パイロットプログラム フェーズ2

フェーズ2では、「北米や欧州」「ラテンアメリカ」「アジア」の4地域から最大16チームが参加可能となっており、前フェーズより様々な点において規模が拡大しています。応募期間はすでに終了しており、実施期間は2019年6月〜2020年5月の約1年間を予定されています。

・プロリーグアイテム

こちらが購入されると全収益の30%プログラム参加チーム団体に均等に分配されます。

・プロチームアイテム

こちらはチーム特有のアイテムとなり、購入されると収益の30%該当チームに分配され、その中の30%プレイヤーに直接分配される。

・Road to SI(Six Invitational)イベント
ゲーム内のイベント「Road to SI」の収益の30%がレインボーシックス シージの世界大会である「Six Invitational」の賞金に加算される

また、パイロットプログラムに参加しているチームが大会で入賞すると“Road to SI”イベントの収益の一部を獲得することが可能です。獲得した収益の50%はチーム団体、残りの50%はプレイヤーに分配されるというシステムです。

 

プログラムのフェーズ1では選ばれたチームが参加という形でしたが、フェーズ2からは募集地域の中に「アジア」が入っているので日本のチームが参加する可能性も十分に考えられます。

もしそれが実現したら日本のゲームシーンは大きく盛り上がることになりますし、何よりロマンがありますね。

また、金銭を直接的に支援する訳でなく、ゲーム内で使える物を介してチームを支援できるのは1プレイヤーとして、とても嬉しいプログラムです。

以上、パイロットプログラムについてお伝えさせて頂きました。