遊びながらお金が稼げる?「dappsゲーム」

 

ゲームをしながらお金を稼げる、という言葉だけ聞くと少し怪しさを感じてしまいますが、安全性が確保されて遊びながらお金を稼ぐことができるのが「dappsゲーム」です。

そんな魅力的な「dappsゲーム」についてお伝えしたいと思います。

 

dappsゲームとは

dappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)とはブロックチェーン技術を活用したゲームです。

中央管理者を必要としないシステム運営が可能な「dapps」と呼ばれるアプリケーションを基盤としたゲームが「dappsゲーム(ブロックチェーンゲーム)」と呼ばれます。

現在、多くのdappsゲームはイーサリアムのプラットフォーム上で開発されています。

 

既存のゲームとdappsゲームの違い

既存のゲームの場合、キャラクターやアイテムは単なるデータという扱いになりますが、dappsゲームではキャラクターやアイテムが仮想通貨(トークン)で作られており、アイテムやキャラクターをアセット(資産)と呼びます。

アセット(資産)というと少し難しい感じがしますが、仮想通貨をで作られている以上、立派な資産ですので的確な表現だと思います。

また、既存のゲームデータは運営のデータサーバー等にデータが保存されますが、dappsゲームの場合はブロックチェーン上にデータが保存されます。

 

どうやってお金を稼ぐのか

そもそもゲームをやりながらお金を稼げるというのが夢物語のようなことですが、dappsゲームではそれが可能です。

稼ぐ方法の1つとして、アセットの売買です。
先程も記述したとおり、アセットは仮想通貨(トークン)でできています。

それを利用し、ゲーム内のマーケットや外部マーケット(OpenSea等)を通して仮想通貨で売買をすることでお金を稼ぐことが可能です。

既存のゲームでもRMT(リアルマネートレード)が行われていますが、これはアカウント自体の売買だったり信用性の低さからあまり良い印象は持たれておらず、詐欺的な事例もあります。

しかし、dappsゲームの取引はブロックチェーン上に記録されているので安全に行うことが可能です。

見た目はアセットのやり取りですが、仮想通貨の取引をイメージして頂くと分かりやすいかと思います。

 

dappsゲームの種類

dappsゲームもかなりの数があり、それぞれ違ったゲーム性を持っています。

その中からいくつか選んで紹介させてて頂きたいと思います。

 

My Crypto Heroes

集めた英雄やアイテムで自軍を強化し、仮想世界の頂点を目指すゲームです。

ヒーロー、アイテム、領地はERC721で作成されおり、ゲーム内のトレード機能やOpenSeaでの取引が可能です。

ドット絵が特徴的であり、どこか昔のドラゴ◯クエストを彷彿とさせるゲームですね。

 

クリプ豚(CRYPT-OINK)

チュートリアルがとにかく親切!という印象が強いゲームです。

一から十まで事細かに教えてくれますので、分からないことがない状態でゲームを始められるのが嬉しいです。

また、グラフィックが3Dですので自分のトンを眺めるもよし、レースで頑張っているトンを応援するもよし!と綺麗なグラフィックが魅力です。

競馬的な要素もありますので飽きずに楽しめるかと思います。

 

Etheremon(イーサエモン)

名前や見た目からしてポ◯モンのパクリですね…

モンスターも本家本元に非常に似ております。

言ってしまえばdappsゲーム版のポケ◯ンですね!

 

時間をかけて育てたモンスターやレアアイテムを売ってお金を稼げたらなぁ。をそのまま形にしたdappsゲーム、一度プレイされてみてはいかがでしょうか?

もしかしたら、とんでもないレアアイテムがドロップして一攫千金!なんてこともあるかもしれません…

 

以上、dappsゲームについてお伝えさせて頂きました。