始めるハードルが少し高い…「dappsゲーム」の抱える課題

 

前回の記事で「遊びながらお金が稼げる」とご紹介したdappsゲームですが、今後よりメジャーなものになっていくには課題をクリアしていかないといけません。

今回はその課題点についてお伝えしていきたいと思います。

 

始める際のハードルが少し高い

dappsゲームでは仮想通貨(Ethereum)を使用します。

この「仮想通貨を使用する」ということが一般的なユーザーが参入するハードルを高くしています。

次に、Ethereumを用意、管理するためのウォレット(専用のお財布)をインストールしなければなりません。

手順を丁寧に説明しているサイトを見ればそこまで難しいことではありませんが、「仮想通貨」「ウォレット(専用のお財布)」等の見慣れない単語や複雑な準備を必要とすることから、拒否反応の様なものを起こしてしまっているような気がします。

私もウォレットの準備をしましたが、純粋に面倒くさい。ゲームを始めるのになんでここまで手順を踏まないといけないんだ…と思ってしまいました。

しかし、このハードルの高さはゲームに開発側も問題視しており、改善策を考案している最中だそうです。

 

ゲーム性の低さ

仮想通貨も用意した、ウォレットも作ったし、いざゲームを始めよう!と意気込んでいくつかのdappsゲームをプレイしてみると、既存のゲームに比べて非常にゲーム性が低いことに気づいてしまうでしょう。

この「ゲーム性の低さ」という大きな問題は、ブロックチェーン上で処理できるデータの制限に関わってきます。
すべてをブロックチェーン上で管理すると、そちらに多くのリソースを割かれてしまって快適な環境でゲームができなくなります。

そのため、ゲーム性の拡張が難しく、既存のゲームに比べて単調であったりゲーム性が低くなってしまうのです。

また、dappsゲームは専用の言語で開発を行わなければいけないという点がゲーム性の低さに繋がってしまっているようです。

こちらの問題については既存のプログラミング言語が使える開発キットなども出てきているので、今後は多くのゲーム開発会社が参入し、既存のゲームに近いものが増えることが予想されます。

 

プレセールの信用問題

ゲームが正式にリリースされてしまえば、運営内容の透明性などを自分で推し量る事ができますが、リリース前にプレセールを行い、その後に音沙汰もなく自然消滅…というケースもあります。

言ってしまえば詐欺です、これが非常に深刻な問題となっています。

現在dappsゲームを開発している企業は大手ばかりではなく、むしろそのプロジェクトのためにできた企業がほとんどといっても過言ではありません。

大手から出資を受けている企業もありますが、海外のゲーム等は運営の資金的な体力やゲームを作成する意図が明瞭にされていない場合が多いです。

そして、故意ではなくとも正式にゲームをリリースできず…ということがありますので注意が必要です。

基本的にこういった被害にあってしまうのは正式リリース前のプレセールに参加した時です。

プレセールでは非常に安価でアセットを購入するチャンスではありますが、そのゲームに将来性があるのかを見極めることが大事です。

「ゲーム」とはいえ仮想通貨を使った投資の一貫です、自分の身を守るのは自分ですので正しい知識と見極める目が必要になります。

 

手数料がかかってしまう

dappsゲームをやるにあたり、手数料がかかるという事が一般ユーザーからしたら非常に大きな疑問になっているのではないでしょうか。

手数料(GAS)はブロックチェーンを利用する際に支払う手数料です。
ブロックチェーン上にデータを記録するとトランザクションが発生します。

そのトランザクションを承認してくれるひと(マイナー)に対する報酬として、その手数料(GAS)を支払っているというわけです。

しかし、必要な報酬であるとはいえ、「ゲーム」をやるのにいちいち手数料がかかってしまうとなるとユーザーは離れていってしまう傾向になるのではないでしょうか。

事実、私はそれが嫌で辞めてしまったdappsゲームもあります。

 

どちらかというと投資の方に偏っているdappsゲームですが、既存のゲームに比べてやはりゲーム性の低さがとても気になってしまいます。

全体的にワンクリックで終わってしまう様なゲームが多く、ゲームをやっているぞ!という実感が薄いなと個人的には思いました。

 

以上、dappsゲームの抱える課題についてお伝えさせて頂きました。