Ethereumを管理するウォレットの1つ「METAMASK」

 

前回の記事Ethereumを用意、管理するためのウォレット(専用のお財布)があるとご紹介させて頂きました。

Ethereum のサービスを利用するには欠かせない MetaMask ですが、導入するのに少々複雑な手順を踏むので億劫なところがあります。

今回はそんな MetaMask の導入方法についてお伝えしたいと思います。

 

chrome ストアから MetaMask のアプリを追加

・chrome ストアで MetaMask を検索し、右上にある chrome に追加をクリックします。

・MetaMask を追加しますか?と確認ウィンドウが出てきますので拡張機能を追加をクリックしてください。

・機能を追加すると Google Chrome ブラウザの右上にキツネのアイコンが追加されますのでクリックして起動をします。

・バージョンの説明を確認して TRY IT NOW をクリックします。

アカウントの開設

・MetaMask が開きますので続行をクリック。

・パスワードの設定画面が表示されます、こちらのパスワードはできるだけ長いものを使用したほうが良いです。

・左上によくわからないイメージが表示されますが、気にせず NEXT をクリックします。

・規約を確認して問題がなければ ACCEPT をクリックします。

・「MetaMask のβ版では訪問したサイトからあなたのアカウントが見えてしまうので、使い終わったらログアウトするようにしてください。」というメッセージが表示されますので確認したら ACCEPT をクリックします。

・ CRICK HERE TO REVEAL SECRET WORDS の部分をクリックするとバックアップのフレーズが表示されます。
これは MetaMask のアカウントを復元するためのフレーズです。

12単語で構成されていますので忘れないようしっかりとメモをとってください。

こちらのフレーズをなくしてしまうと資産が戻ってこなくなる可能性もありますし、他の人に知られてしまったらアカウント内の資産を奪われてしまいますので厳重に管理してください。

・先程メモをとったバックアップフレーズの確認です。

下に12単語が表示されますのでメモの順番どおりにクリックしてください。

以上で MetaMask の登録が完了しました。

dappsゲームや取引所で利用をするためには Ethereum を入金する必要がありますが、そちらの手順についてはまた改めてお伝えしたいと思います。

 

以上、MetaMask の導入についてお伝えさせて頂きました。