OVERWATCH ライブサーバーに「ロールキュー」が実装

 

PTRサーバーにて試験的に導入されていた「ロールキュー」と新タンクの「シグマ」ですが、遂にライブサーバーにも実装されました。

今回は実装された現環境についてお伝えしていきたいと思います。

 

「ロールキュー」のメリット・デメリット

「メリット」

・他ロールへの変更ができない為、試合毎に決めたロールに専念することができる

・専念できることによって自分のロールスキルを最大限に発揮することが可能。

・また、5dpsなどの極端なピックができない為、トロールピックによる試合崩壊が防げる

「デメリット」

・他ロールへの変更ができない為、各々が臨機応変にピックを変える事ができなくなった

・それにより、各ロールでより一層アンチピックなどを考えて選ばなければいけないので、それができないと何をどうやっても勝てなくなってしまった。

・OWの特徴でもあった新しいメタの探求、及び豊富なピックの幅を大きく狭めてしまった

 

ライブサーバーにロールキューが実装されてしばらくプレイをしてみましたが、低ランク帯は相変わらず酷く荒れ放題です。

逆に高いランク帯の試合を見ていると2-2-2の枠の中で各々がしっかりと味方のことをカバーしつつ、戦況によってピックを変えてとても面白い試合を展開している印象を受けました。

 

新ヒーロー「シグマ」

詳しい性能についてはこちらを御覧ください。

タンクでありながら非常に高い火力を持ったヒーローだと個人的には思います。

HPが1500とかなり高めなバリアをオリーサより高い自由度で設置することが可能ですし、D.Vaのように敵の攻撃を吸収することも可能で、通常攻撃に関してはジャンクラットのように範囲攻撃も可能です。

代わりに移動速度が遅めであったり、ウィンストンやドゥームフィストを1対1で相手にするのが苦手という点はありますが、それを差し引いても非常に強力なヒーローだと言えるでしょう。

まだ登場して間もなく研究が進み切っていませんが、非常に高いポテンシャルを秘めているのでこれからのメタの要になるのではないでしょうか。

 


 

PTRサーバーの段階から否定的な声が上がっていたロールキューですが、PTRサーバーの時点で私個人としてはそこまで否定的な意見はありませんでした。

しかし、PTRサーバーとライブサーバーでの環境があまりにも違いすぎてかなり落胆しました。

ロールキューの長所でもあり短所でもある、他ロールへの変更ができないというシステムが低レート帯では非常に悪い方向に働いてしまっています。

これに関しては低レート帯にとどまっている私自信の問題でありますが、サポートロールで試合をヒックリ返すのは非常に難しいです。。。

 

以上、ライブサーバーに実装された「ロールキュー」とその他についてお伝えさせて頂きました。